自分自身の情報を守るクセをつけよう

中央区賃貸探し新居を借りたら、今度は生活の準備。

アナタは、自分自身の個人情報を、どれだけ外部へ雇れ流しているか、考えたことがありますか?

DMなどは、住所と名前の部分を必ず切って捨てる・会社名など自分の属性のわかるようなものは、細かく破く・住所や名前がゴミ袋の外から透けて見えないようにするなどは、まず常識。

カード・通帳・キャッシュディスベンサーのレシート・保険会社のお知らせなどは、そのまま捨ててはダメ。

必ずハサミで切ったり細かく破いてから廃棄。

カードなら、磁気部分をしっかり折るだけでもOKです。

ガソリンスタンドなどで、車のキーを預けるときに、家の鍵まで渡さないこと。

束のまま渡して万一複写されたら、エライことになります。

電話番号は、電話帳に載せないほうが無難。

とくに女性の場合、ダイヤルQ2のサクラ番号に使われて、Hコールに悩まされても、NTTでは補償を一切してくれません。

護身術や防犯グッズで身を守ろう

中央区の賃貸選びはhttp://www.hamilton-inc.jp/で新居を借りたら、今度は生活の準備。

もしも性犯罪の危険に遭遇してしまったら、相手を一瞬ひるませ、そのスキに逃げるのがイチバン!

とにかく「火事だ!」と大きな声で叫び、人を呼ぶこと。

人気があれば、犯人は逃げ出します。

「火事だ!」と叫ぶのは、助けてと悲鳴をあげても、事件への関わり合いを嫌がって出てこない人が案外多いため。

そんな人でも火事だと聞けば、ようすを見に窓を開けるものだからです。

防犯ブザーや催涙ガスなどは、持って安心してしまうのでは意味はありません。

いつでもすぐさま取り出して使えるよう、自分の身体を慣らしておくことが大切です。

護身術の講座は、女性向けを中心に、全国の自治体で開設されているので、問い合わせてみましょう。

ただし、いずれの方法でも、相手を撃退できるとはかぎりません。

あくまでも、逃げるスキを作るものと考えて、過信は禁物です。

貯蓄分は貯金しておこう

中央区での賃貸はで新居を借りたら、今度は生活の準備。

家の中での金銭の保管は、ぶっそうだし、ついつい使ってしまいがち。

口座を分けて管理しましょう。

オススメは、郵便局の定額貯金。

小口での預け入れができるうえ、6ヵ月後から引き出し自由、なにより窓口が多くて便利です。

家賃や光熱水費など、生活上どうしても必要なお金は、この郵便局の定額貯金に分けて管理しましょう。

預金口座を別にして、手をつけないやり方がオススメです。

残った分から食費を引けば、遊びなどに使える分がいくらかはわかるハズ。

暮らし始めからの、最初の3ヵ月の計画が大切です。

社会人初年度から年間30万円は貯蓄できる!

中央区の人気賃貸物件で新居を借りたら、今度は生活の準備。

年間貯蓄高30万を目標に、社会人初年度からガンバロウ!

社会人初年度の収入は、月収18万+夏0.5ヵ月+冬2ヵ月のボーナスで、年収は約260万円。

税引後の手取りが235万円といったところ。

生活費は月々の収入でまかなうとして、財源は約16万円。

支出は、部屋代6万、光熱水費・新聞・電話などが2万、食費4万として、残り4万円。

その半分を、保険料と貯蓄に。

月1万×12ヵ月+夏冬のボーナス18万で、年間30万円は、貯蓄できる勘定になります。

翌年からは、ボーナスがフルに出る分、貯蓄も楽に。

世のお父さんたちが、月のお小遣い2~3万でがんばって家族を食べさせていることを考えれば、それくらいの努力はへでもないハズです。

老後のことも少しだけ考えておこう

中央区賃貸の物件で新居を借りたら、今度は生活の準備。

貯蓄性の高い年金型の生保は、社会保険の年金に対して、個人的に加人することから、個人年金とも呼ばれています。

先の先までピッチリ資金計画を立てるのはどうかと思いますが、概況を押さえておくことは大切。

私たちが納めた税金や社会保険料は、社会保障制度(生活保護や祉会保険など)という、国民の最低限の生活を守るたの制度の下支えとして使われています。

ですから、イザというときには、しっかり活用しましょう。

その逆に、納入や支払はおこたらないこと。

「私たち一人ひとりの力が、私たち皆の生活を支えている」という意識を持つことが大切です。

ただし、老後に多少のゆとりを楽しみたいなら、公的年金だけではまず無理なので、個人年金に加入しておきましょう。

保険と貯蓄はどう振り分ける?

中央区 賃貸で新居を借りたら、今度は生活の準備。

保険には、必要な分だけしっかり入り、ほかは貯蓄で、まとまった金額を作りましょう。

「貯蓄代わりに保険に加入を」という考えもありますが、やりくりの告しいときに、貯蓄は止められても、保険料は払い込まなければ失効に。

まとまったお金が必要なときにも、貯蓄なら引き用せますが、保険は解約するしかないうえ、戻るお金は支払額より少なくなるのがフツウです。

なお保険の「配当金」は、保険会社の運用次第のものなので、必ずしも受け取れるわけではありません。

満期の金額をあてにするなら、配当金はないものとして資金計画を塑てたほうが無難です。

資金計画は無理のない額を

中央区 賃貸で新居を借りたら、今度は生活の準備。

「将来のタメに貯蓄などの資金計画を」

と口でいうのはカンタンですが、あまり遠い将来のことまでは考えきれるものではありません。

一人暮らし初心者なら、3年か5年を見越した計画があれば充分です。

貯蓄は実現可能な額、を目標に、保険や年金も料金に無理のない額、を考えることが大切。

まず3年経って計画が実行できたら、そのときの状況に合った新たな計画を立てるのが現実的です。

なぜ貯蓄が必要なのか

中央区 賃貸で新居を借りたら、今度は生活の準備。

貯蓄はなぜ必要なのでしょうか。

「お金に振りまわされないで済むように」というのが、その理由。

貯蓄は、何かがあったそのときに、お金がないために、信念を曲げたり、道を誤ったりしないで済むように、「魂の担保」として持つべきものだといっても、過言ではありません。

「地獄の沙汰も金次第」といわれるくらい、お金の威力はバッグンです。

まさに両刃の剣だからこそ、上手にコントロールして、力強い味方にしておくことが大切。

イザというときにこれほど頼りになる相棒もいないというのには、こういうワケもあるのです。

貯蓄型生保加入は25歳までがおトク

中央区 賃貸で新居を借りたら、今度は生活の準備。

保険は一般に、若いほど払込保険料が安いもの。

持病があると加入できないケースも多いので、できれば25歳までに、基本となるタイプーつに、加入を済ませておきましょう。

オススメは、養老保険か個人年金保険に、病気・ケガのときに必要な特約をつけたタイプ。

保険料の貯蓄性が高く、年金対策にもなるうえ、生活全般をカバーできるからです。

月々の払込金額は、一万円未満にしておくのが設定の目安。

その金額なら、どんなことをしてでも、払い込み続けられるハズだからです。

手持ちに余裕があれば、頭金の利用で、さらに条件が有利にできます。

月払い設定で、1年分を一括前払いすると、割引率が一番イイようです。

よく確かめて利用しましょう。

生命保険の仕組みを知ろう

中央区 賃貸で新居を借りたら、今度は生活の準備。

生命保険は、死亡時の保障・老後の年金などを目的とした主契約に、病気・ケガによる入院保障などの特約を組み合わせて設定。

保険内容と、保険料の積み立て・掛け捨て分の割合で、払込保険料が変わります。

商品名や愛称だけでは、中味がはっきりしない場合もあるので、必ず内容を見極めて加入しましょう。

地震・火事などの災害対策に役立つのが損害保険。

積み立て型もあるので、必要に応じて加入しましょう。

一人暮らしには個人賠償責任保険もオススメ。

スキーヤー・スノーボーダーは、スキー・スノボ保険に必ず加人しておきましょう。

また、保険によっては、保険料のうちの一定額が税の還付の対象に。

送られてくる「生命保険料控除証明詐」を、必ず保管しておきましょう。